アーカイブ:2023年 2月

  1. 障害を持っても自分らしく生きるということ

    病気や障害を抱えると、思うままに生きることが難しい。介助を通して、目のあたりにしてきました。それでも障害当事者の“障害を持っても、自分らしく生きる”ということを支えてきました。私たちが行う介助とは、その為の自己決定が出来ることだと思っています。

    続きを読む
  2. 脳性麻痺当事者が語る。障害者の自立する意味について

    まず、「自立」という言葉はどういう意味なのかを電子辞書の国語辞典で出してみたら、「独り立ち、独立」と出たんですよ。つまり、独り立ちして独立するという事なんですね。この言葉を聞いただけでは見辺処理の出来ないような仲間たちは「自立なんてとんでもない」と思い込んでいるんでしょうね。

    続きを読む
ページ上部へ戻る